アオハルバスター 6話のネタバレと感想

アオハルバスター 6話のあらすじ

アオハルバスター

アオハルバスター
作者:REDLIGHT(レッドライト)

 

ロリコン覗き魔のおっさんは、洗脳されてる巨乳JKの誘いに乗って、車内でフェラチオされていた。

 

本来は年齢的にターゲット外の女性だが、巨乳を使ったパイズリが気持ち良すぎて一気に暴発!

 

JKを押し倒してパイズリで顔射して―。

 

アオハルバスター 6話のネタバレ

アオハルバスター

 

公園のブランコで彼氏とラブラブなJKを洗脳して変態覗き魔に「パイズリ…してあげよっか?」と迫らせて…!? 後編

 

巨乳でかわいいJKが柔らかくデカいおっぱいを使ってパイズリをしてくる。

 

「どぉ…?おっぱい きもちイイでしょ…」

 

「でもまだイっちゃダメだからね…イクのはわたしの…おマン…」

 

パイズリしながら亀頭をレロレロ舐められて、親父の臨界点が突破した。

 

JKを押し倒して腰を激しく動かしながら、パイズリを加速させていく。

 

おじさんがイった瞬間、ザーメンがJKの顔面にドビュっと飛び散った。

 

興奮が収まらないオヤジのちんこにJKがむしゃぶりついて、お掃除フェラを始める。

 

たまらず一旦行為を中断しようとすると、

 

「続き早くしよ~よ 次はわたしが気持ちよくなる番だよ…」

 

とせがまれてしまった。

 

顔とおっぱいに精液が飛び散った上半身全裸の状態でお股を広げながら、いやらしく誘惑してくる。

 

「見てぇ ここ…もう ぐちゅぐちゅなんだよ…」

 

「おにーちゃんがいっぱい精液かけたから…」

 

「おちんちんで責任とって…」

 

「わたしまだ処女だから…おにーちゃんの硬いおちんちんで突き破っていいよ…」

 

アオハルバスター 6話の感想

公園で洗脳された巨乳JKの彼女がロリコン親父にパイズリする話です!

 

今回のエロシーンのメインは、タプンタプンの豊満なおっぱいを使ったパイズリシーンが圧巻でした。

 

パイズリシーンでシゴいてる時の包み込むようなおっぱいの柔らかさが見事に描写されていて、とてもエロかったです!

 

男の肉棒を大きな胸で挟みこんで、舌なめずりしてる時の淫乱ビッチなJKの表情も色っぽくて良かったです。

 

作者のREDLIGHTさんの画力がとても高いので、エロシーンもリアリティがあって生々しい感じがしますね。

 

ヒロインが全裸にならず、制服のスカートとソックスは着衣したまま上半身だけ脱いでる姿もエロくて好みです。

 

ザーメンぶっかけられた状態でクリを触りながらSEXの誘惑してくるシーンも表情とポーズがエロエロで最高でした。

 

幼女しか興味ないロリコンでも、こんなに可愛い巨乳JKに処女マンコ突き破っていいよ…なんて言われたら、そりゃもうヤるしかないでしょw

 

本来は彼氏に捧げるはずだった処女が、洗脳されて見知らぬロリコンオヤジに捧げることになろうとは…。

 

次回の展開も楽しみです!

 

アオハルバスター

アオハルバスターの無料立ち読み

ここから「アオハルバスター」で検索
▼ ▼ ▼