アオハルバスター 2話のネタバレと感想

アオハルバスター 2話のあらすじ

アオハルバスター

アオハルバスター
作者:REDLIGHT(レッドライト)

 

駅前でイチャついていたバカップルのJK彼女が謎の男に洗脳されて、見ず知らずの中年親父をラブホに誘ってSEXを始める。

 

オヤジにクンニされ、巨乳なおっぱいを揉まれ、乳首を激しく吸われて、恍惚の表情で乱れまくるJK。

 

その一方で同じように洗脳を受けて、自ら恋人を他の男に差し出してしまった彼氏のなおっち。好きな女の子を進んで寝取らせた記憶がない彼は、帰り道にラブラブな高校生カップルを見かけて、何故か涙してしまう―。

 

アオハルバスター 2話のネタバレ

アオハルバスター

 

彼氏とラブラブ追いかけっこをしているJKを洗脳してダメ中年オヤジ相手にセックスのおねだりをさせて…!? 中編

 

謎の男に洗脳されて、見知らぬおじさんとホテルに向かったJK紺野ちさ。

 

ホテルのベッドで親父がちさの体を貪っていた。

 

「んあッ」

 

「は ああ…んッ」

 

下腹部に舌を這わせ、プルルンとした柔らかなおっぱいを揉み、ピンク色の乳首を吸いまくる。

 

そんなおっさんの姿をJKはうっとりした表情で眺めながら、喘ぎ声を漏らしていた。

 

「あ…ん もっと吸ってぇ…」

 

その言葉でオヤジは更に激しく乳首を吸い上げる。

 

一方、洗脳されて惚れてる彼女を自分から寝取らせてしまった彼氏のなおっち。

 

帰宅途中に目の前を仲良く歩くカップルの姿を見かけて、何故か涙が溢れてしまう。
洗脳されたことを知らない彼は、何故自分が泣いているのか理解出来ずに居た。

 

ラブホでは、なおっちの恋人であるちさがおっさんに挿入されていた。

 

「このッ 変態…ッ 痴女ガキがッ!!」

 

「あんッ ああッ」

 

「あうぅ…すご…ッ」

 

親父の肉棒でガンガンに付かれて、ちさの中から愛液がダラダラと溢れ出している。

 

「おじ…さんのッ チンポ…ッすごいッ…」

 

「…ち…んぽサイコぉ…ッ」

 

「おじさんのチンポで…あんッ イカせてぇ…」

 

アオハルバスター 2話の感想

アオハルバスターの2話は、男の洗脳されたJKがラブホでおじさんとSEXする話。

 

美人なJKが見苦しい親父に抱かれて、淫らに喘ぎまくってる姿がエロくて良かったです!

 

作者のREDLIGHTさんの画力の高さが素晴らしい。

 

肉感的なJKの肉体描写やピンク色の乳首をした柔らかそうな巨乳描写など、描写の一つ一つがエロくていいですね。フルカラーなのでとても見応えがあります。

 

元々リアル寄りな絵柄でしたが、クオリティーが上がって更にリアル寄りになったと言うか。

 

女性キャラの喘ぎ顔も綺麗でエロいだけでなく、快感に醜く歪んだ表情なんかよりリアルさが増した気がします。

 

その分、おっさんの醜さにも磨きが掛かっているのでw ここは人によって好みが分かれる所かもしれません。

 

2話の内容は、ボリュームはそれほどないんですけど。エロいSEX描写が全編に渡って楽しめるので満足度の高い話数になっています。

 

アオハルバスター

アオハルバスターの無料立ち読み

ここから「アオハルバスター」で検索
▼ ▼ ▼